トーンブランディング

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日株式会社アプリコットデザイン TONE BRANDING事業部

トップページ > ジャーナル > 言語化するための質問力

言語化するための質問力

DATE . 2024.03.06

Category : ブランディング / ブランディングデザイン

Nakamura Hiroki
ジャーナルを書いた人Nakamura Hiroki

Creative Director

1981年生まれ。23歳の時に独立し、3度の独立を経て株式会社アプリコットデザインを設立。数千ものクリエイティブを生み出しながらも、クライアントの成果を最大化するためブランディングを取り入れ始める。現在はデザイン会社からブランディング会社へとシフト。2023年には、カフェなどが集まる複合施設tone villageの運営を開始。

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士

言語化するための質問力

お客様との戦略会議で、自社の強みを探る議論が活発に行われることがよくあります。

その中で「一人で考えているとなかなか浮かばないけれど、
人に質問されると答えが見つかるんです」というフィードバックを受けることがあります。

実は、これ、すごく共感できるポイントがあります。
僕もひとりで考え込んでしまうと、頭の中が真っ白になることがしばしば。
でも、誰かに問いかけられた時、不思議と答えがスッと出てくるんですよね。

なぜかというと、私たちの日々の思考って、意外と狭い範囲に限られているからかもしれません。
頭の中には無数の引き出しがあるけれど、普段はごく一部しか開けていない感じ。
でも、誰かからの質問がきっかけで、普段は開けない引き出しがパラリと開くんです。

僕らの仕事では、コミュニケーションを通じてお客様の魅力を引き出し、形にすることが大切です。
そのためには、僕たちには「質問力」という技術が求められます。

ただ、質問力が足りないと、お客様の本質的な魅力をうまく引き出すことができなくなってしまいます。
だから、日々の練習を通して、この「質問力」を磨き上げていくことが大きな課題です。

Other Journalその他のジャーナル

トップページ > ジャーナル > 言語化するための質問力