トーンブランディング

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日株式会社アプリコットデザイン TONE BRANDING事業部

トップページ > ジャーナル > 市場をずらして新しい価値を生む

市場をずらして新しい価値を生む

DATE . 2024.03.05

Category : マーケティング

Nakamura Hiroki
ジャーナルを書いた人Nakamura Hiroki

Creative Director

1981年生まれ。23歳の時に独立し、3度の独立を経て株式会社アプリコットデザインを設立。数千ものクリエイティブを生み出しながらも、クライアントの成果を最大化するためブランディングを取り入れ始める。現在はデザイン会社からブランディング会社へとシフト。2023年には、カフェなどが集まる複合施設tone villageの運営を開始。

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士

市場をずらして新しい価値を生む

今日は、「市場をずらして新しい価値を生む」というお話をさせていただきたいと思います。

みなさんもご存知の通り、一つの市場でビジネスを展開していると、徐々に市場が飽和してくることがありますよね。
供給が増えたり、ライバルが増えたり。日本のように人口が減少している国では、市場自体が縮小していくことも。

そんな時、「市場をずらす」という発想が、新しい風を吹かせるかもしれません。

「市場をずらす」ことで大きな成功を収めた例として、ワークマンがあります。
もともと職人さんや現場作業員向けの商品を提供していたワークマンが、アウトドア市場に目を向けたんですね。
その結果、ワークマンプラスとして店舗を展開し、大ヒットしました。

ワークマンの商品は、もともと低価格で高機能。
アウトドア市場ではこの「低価格で高機能」というニッチがまだ埋まっていなかったわけです。
彼らは新しい商品を作る代わりに、既存の商品の売り方を変えただけで、大成功を収めたんです。

これは、自社の商品やサービスの価値を見直し、それが新たに輝く市場を見つけ出すことの大切さを示しています。
既存の市場での売れ行きが鈍っても、まだまだチャンスはあるんですね。

僕たちも、日々自社の価値を見つめ直し、新しい市場で「価値の再定義」ができないか、
という視点を持ち続けることが大切だと思います。
市場をずらして、新たな顧客層を開拓していく。そんな挑戦をしてみませんか?

さあ、一緒に新しい価値を生み出していきましょう!

Other Journalその他のジャーナル

トップページ > ジャーナル > 市場をずらして新しい価値を生む