トーンブランディング

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日株式会社アプリコットデザイン TONE BRANDING事業部

トップページ > ジャーナル > コミュニケーションが苦手を克服する方法!

コミュニケーションが苦手を克服する方法!

DATE . 2024.02.27

Category : LIFE WORK DESIGN

Nakamura Hiroki
ジャーナルを書いた人Nakamura Hiroki

Creative Director

1981年生まれ。23歳の時に独立し、3度の独立を経て株式会社アプリコットデザインを設立。数千ものクリエイティブを生み出しながらも、クライアントの成果を最大化するためブランディングを取り入れ始める。現在はデザイン会社からブランディング会社へとシフト。2023年には、カフェなどが集まる複合施設tone villageの運営を開始。

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士

コミュニケーションが苦手を克服する方法!

みなさんはコミュニケーションを得意としていますか?
「得意だ」と自信を持って言い切れる人は少ないかもしれません。

僕も、どちらかといえば苦手な方でした。

特に、私たちの仕事において、コミュニケーションは欠かせない要素です。

お客様の要望をヒアリングし、それを基にデザインを進めていくため、
コミュニケーションによっては、デザインが浅くなってしまうリスクがあります。

そのため、たとえ苦手でも、的確にコミュニケーションを取ることが必須です。

コミュニケーション能力を向上させるためには、次の2点が重要です。

一つ目は、話しやすい環境を作ること。
二つ目は、自分ではなく相手に焦点を当てることです。

まず、コミュニケーションにおける大前提として、「傾聴力」が求められます。

傾聴とは、相手の話を、相手の立場に立って、相手の感情に共感しながら理解しようとすることですが、
初対面やあまり親しくない人が、自分の考えや感情を素直に話すことは稀です。

そこで重要になるのが、話しやすい環境を作ることです。

相手のテンションや話し方、トーン、スピードに合わせて会話をしたり、
相手が心地よく感じる相槌を打ったり、相手の理解度に合わせた言葉選びが必要です。
(例えば、難しい言葉を避けるなど)

そして、まず自分から何かを話して、「私は敵ではありません」と伝え、
話しやすい環境を作ることが大切です。

話しやすい環境ができたら、次に「相手に焦点を当てる」ことが必要です。

コミュニケーションが苦手な人は、「上手く話せるか不安」とよく言います。
誰もが上手く話せることが理想ですが、相手にどう思われるかを気にするあまり、
焦点が自分自身に向いてしまうことがあります。

上手に話せるかどうかよりも、相手の感情に共感し、理解しようとする姿勢がもっと重要です。

また、相手が話している間に「次に何を話そうか」と考えてしまうことも、
焦点が自分に向いている状態です。

焦点が自分に向いていると、コミュニケーションが一方通行になり、上手くいきません。

相手の話を聞く時は、しっかりと耳を傾け、自分が話す時は、上手く話せるかどうかよりも、
相手に伝えたいことを「贈り物」として届けるような気持ちで話をすると、コミュニケーションがスムーズになるのではないでしょうか。

Other Journalその他のジャーナル

トップページ > ジャーナル > コミュニケーションが苦手を克服する方法!