トーンブランディング

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日株式会社アプリコットデザイン TONE BRANDING事業部

トップページ > ヴォイスメディア > #142 今後のブランディングはどうあるべきなのか?

#142 今後のブランディングはどうあるべきなのか?

DATE . 2024.05.20

Category : BRANDING lab.

BRANDING lab.
チャンネル紹介BRANDING lab.

事業活動そのものといえるブランディングを経営、マーケティング、広報、人材マネジメント、コミュニケーション、目標設定、タスク管理 etc…様々な観点から深堀りしていくチャンネルです。ブランディングオタクの萩原と新人研究員広報はちが自分たちで実践、体感して得られた生の情報をお届けいたします。週3回配信。ぜひフォローをよろしくお願いいたします!

#142 今後のブランディングはどうあるべきなのか?
Contents

・今後のブランディングの在り方について考えてみた
・従来は持つだけでステータスを感じられるような憧れ訴求が強かったように思う
・4象限マトリクスで分けて考える
・縦軸がコミュニケーションの量が多い(上)or少ない(下)、横軸が完全無欠の完成品(左)orある程度の質は担保した未完成品(右)
・コミュニケーション量があり、ある程度余白がある未完成品が今後ブランドを強くしていくのでは
・コアなファンと作るコミュニティについて

\各配信サービスでもお聞きいただけます/

  • スタンドFM
  • スポティファイ
  • アマゾンミュージック
  • アップルミュージック

Other Voiceその他の音声配信

カテゴリー

トップページ > ヴォイスメディア > #142 今後のブランディングはどうあるべきなのか?
会社資料・料金表
ダウンロードはこちら