トーンブランディング

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日株式会社アプリコットデザイン TONE BRANDING事業部

トップページ > ジャーナル > 伝えたい想いがたくさんある時こそ、腹八分目を意識する。

伝えたい想いがたくさんある時こそ、腹八分目を意識する。

DATE . 2022.09.27

UPDATE DATE . 2024.03.27

Category : ブランディング

Hagiwara Masataka
ジャーナルを書いた人Hagiwara Masataka

Branding Director

周囲からブランディングバカと言われるほど四六時中ブランディングやクリエイティブを探求している。
目標は変化を願う方の挑戦を誰よりも強く支えられる人になること。

伝えたい想いがたくさんある時こそ、腹八分目を意識する。

ブランドディレクターの萩原です。

僕たちは、ブランディング、デザイン、WEBサイト制作を生業に日々仕事をしておりますが、
これらの仕事の本質はどこまでいこうと「伝えること」です。

伝えたい人に伝わらなければ、
わざわざ多くの時間をかけてそれぞれの仕事にあたっている意味がありません。

だから僕たちは、伝える技術を磨き続けることに日々全力投球です。
(本当に面白い仕事です。)

そんなこんなで今日は、
誰かに何かを伝える際に必ず心掛けたい、
伝えるためのコツを一つご紹介したいと思います。

計り知れないブランドへの想い

事業や製品の生みの親。
いわゆる事業主の方は、今展開されている事業や製品に対する想いは計り知れないものがあるはずです。
(以下、事業や製品のことをブランドと言い換えます)

きっと、たくさん憤りを抱えながら、
ただひたすらに目の前の困っている人を笑顔にしたくて、
ブランドの開発にあたったことかと思います。

だから、まるで我が子の様に大切に想っているはず。

そして…
伝えることを生業にしている僕は、
そんなブランドに対する想いを聞くことが大好きです。

聞かせていただいている際は、とにかく楽しくて、僕も一緒になって胸が踊っていたりします。
(当然、いつの間にか愛着も湧いています。)

腹八分目がちょうどいい

ただ!
ブランドに対する想いが強くなればなるほど、
愛着が湧けば湧くほど、
大きな落しは穴にはまることがあります。

それはどんなことかというと…
想いが強いが故に、伝えたいことを全部伝えようとしてしまうことです。

極端な例ですが、
「この商品には魅力的な特徴が10個あります」
と言われても結局何が特徴的なのか分かりづらいですよね。

特徴が10個もあったら、逆に特徴が削がれている様にも思えてきます。
(当たり障りなさを感じる)

その他にも、内容が二転三転する長いプレゼンなんかは、
相当興味がない限り、完全に右から左状態です。

だから、伝える内容を設計する際は、
あえて俯瞰してブランドの全体像を振り返る様に心がけています。

聞いて、削いで、整えて、表現して…

本当に伝えたいことは何なのか?
中心にある届けたい価値は何なのか?

これらを明確にして、少し身近な周辺情報のみをポイントとして捉え、
シンプルに伝える様にすることが大切なんです。

想いの強さはブランディングする上で間違いなく必要な要素です。
それがないとブランディングできないくらいに。

ただ、少しでも伝え方を間違えると、逆効果になる。

なので、ポケットではブランディングするの中でヒアリングを重要視しています。
本質という名の「一番輝く何か」を見つけ出したいのです。

聞いて、削いで、整えて、表現して…
その先でさらに、「伝え続ける仕組み」と「売れ続ける仕組み」を創るのが僕らの仕事です。

世界観が突き抜ける

ブランドコンセプト設計を経て出来上がったWEBサイトと、
そうでないWEBサイトには大きく異なる点があります。

前者のWEBサイトは、世界観が突き抜けていて、一貫性があるはずです。

削ぎ落として、削ぎ落として、輝くものが明確なっている世界観は一味違います。

デザインに深みがでます。

ブランドに対する想いが強いという方は、
是非今一度本質を見極めることから始めていただきたいです。

これだけは強くお勧めしたい…!

ちなみに、誤解をして欲しくないので念のためお伝えしておきます。

ブランドコンセプト設計の際は、一切の遠慮なく想いを打ち明けてください。

たくさん聞かせていただければ、一番輝く何かが必ず見つかります。

一緒に探し出して表現していきましょう。

それではまた!

Other Journalその他のジャーナル

トップページ > ジャーナル > 伝えたい想いがたくさんある時こそ、腹八分目を意識する。